日本学士院
定期刊行物
  • PJA Ser. A
  • PJA Ser. B
  • 日本學士院紀要
  • ニュースレター
  • PJA ニュースレター
授賞一覧 貴重図書・資料 公 開講演会

日本学士院会員候補者の推薦について

日本学士院は、日本学士院会員選定規則第2条の規定により、令和2年12月14日開催の第1144回総会において、下記により日本学士院会員の補充を行うことを決定しました。
会員候補者を推薦される場合には、以下及び「日本学士院会員選定規則(抄)」・「日本学士院会員分科別一覧」を参照の上、必要書類を取り揃え、期間内に本院に御提出ください。

1. 各部、各分科において補充すべき会員の数

第1部(人文科学部門)
第1分科(文学・史学・哲学) 2名以内
第2分科(法律学・政治学) 1名以内
第3分科(経済学・商学) 3名以内
第2部(自然科学部門)
第4分科(理学) 2名以内
第5分科(工学) 1名以内
第7分科(医学・薬学・歯学) 2名以内
  計11名以内

※第6分科は欠員がないため本年は補充を行いません。

2. 書類の提出期間

令和3年1月12日から2月28日まで(消印有効)

3. 書類の送付先及び問合せ先

日本学士院庶務係
〒110-0007 東京都台東区上野公園7-32
電話:03-3822-2101(直通)

※新型コロナウイルス感染症の影響等により、郵送での御提出が難しい場合には、メールでの提出を受け付けますので、上記問合せ先まで御相談ください。

4. 必要書類(正副2通、1通はコピー可、A4判)

  1. 推薦書(別紙様式)
  2. 履歴(学歴、職歴、賞罰等について概要を記載する。)
  3. 主要な学術上の業績(その大要を記載する。)
  4. 主要な著書及び論文の目録(簡単な解説を附する。)

5. 選考結果について

12月中頃に、推薦者に通知及び本院webサイトにてお知らせします。

6. 留意事項

  1. 選考は、提出された書類に基づき行われます。選考に当って情報が不足する場合には、再度書類の提出を依頼する場合がありますので、書類は締切に余裕を持って提出願います。
  2. 以下のとおり、各学術団体又は各個人ごとに候補者1名を推薦することができます。
    (1)各学術団体(大学の各学部・研究所等を含む学術機関・学会)の組織の長
    推薦例:学長、学部長、研究科長、センター長、研究所長、機構長、学会長 等
    (2)日本学士院会員
    (3)日本学術会議会員
  3. 別紙の「履歴」、「主要な学術上の業績」、「主要な著書及び論文の目録」の様式は任意です。
  4. 別紙の「履歴」には元号(西暦を併記)年及び月を入れ、現職がある場合には(現在に至る)を記入願います。
  5. 別紙の「主要な著書及び論文の目録」には、簡単な解説を附することとなっています文献1つずつに附していただくか、若くは全体にまとめて附していただくか、いずれでも結構です。

7. その他

日本学士院の詳細につきましては、本webサイトを御覧ください。

8. 関係書類のダウンロード

推薦書様式・作成例・日本学士院会員選定規則(抄)・日本学士院会員分科別一覧(PDF)
大学関係者 用 ダウンロード
その他学術機関(大学共同利用機関法人・独立行政法人・国立研究開発法人等) 用 ダウンロード
学会関係者 用 ダウンロード
日本学士院会員 用 ダウンロード
日本学術会議会員 用 ダウンロード
推薦書様式(Word)
大学関係者・その他学術機関(大学共同利用機関法人・独立行政法人・国立研究開発法人等)・学会関係者 用 ダウンロード
日本学士院会員 用 ダウンロード
日本学術会議会員 用 ダウンロード