Skip navigation.

HOME > 会員・客員一覧 > 会員一覧 > 第4分科 > 会員個人情報

会員個人情報

-->
氏名 北川進 (きたがわ すすむ) 北川進
所属部・分科 第2部第4分科
選定年月日 令和元年12月12日
専攻学科目 錯体化学
現職等
  • 京都大学高等研究院物質-細胞統合システム 拠点長・特別教授
受賞等 国内
  • 紫綬褒章(平成23年)
  • 京都新聞大賞文化学術賞(平成23年)
  • 京都大学孜孜賞(平成25年)
  • 江崎玲於奈賞(平成25年)
  • 日本学士院賞 (平成28年)
  • 藤原賞(平成29年)
海外
  • フンボルト賞(2008年)
  • トムソン・ロイター引用栄誉賞(2010年)
  • de Gennes Prize (Royal Society of Chiemistry)(2013年)
  • マルコ・ポーロ イタリア科学賞(2015年)
  • Fred Basolo Medal for Outstanding Research in Inorganic Chemtry (The American Chemical Society)(2016年)
  • Air Liquide Awards on Essential Small Molecules 2016 (2016年)
  • Chemistry for the Future Solvay Prize, Belgium (2017年)
  • Grand Prix of the Foundation de la maison de la chimie, France (2018年)
  • Emanuel Merck Lectureship Award, Germany (2019年)
外国アカデミー会員等
主要な学術上の業績

 北川 進氏は、一定の結合数と結合方向性をもつ金属イオンと有機分子を組み合わせて、ナノメートル精度で制御された規則的な空間構造、形状、さらには機能をもつ物質(多孔性金属錯体)を自在に設計、合成する化学を拓きました。この多孔性物質は軽量かつ大きな表面積を有し、その多くが熱や圧力などの物理的刺激や、水、酸、アルカリによる化学的刺激に対して安定にその構造や機能を保つことができます。これにより、既存の物質では困難であった、気体物質の低エネルギーでの安全な貯蔵・輸送、精密な選択的分離、さらに効率的化学変換を可能にしました。北川氏の新化学材料技術は、国内外に広く実践されつつあり、環境、資源、エネルギー、健康などの諸問題の軽減・解決に貢献するものです。

主要な著書・論文
  1. “Three-Dimensional Framework with Channeling Cavities for Small Molecules: {[M2(4,4'-bpy)3(NO3)4]・xH2O}n (M = Co, Ni, Zn)”,
    M. Kondo, T. Yoshitomi, K. Seki, H. Matsuzaka, S. Kitagawa,
    Angew. Chem. Int. Ed. Engl., 1997, 36, 1725–1727.
  2. “Functional porous coordination polymers”,
    S. Kitagawa, R. Kitaura, and S. Noro,
    Angew. Chem. Int. Ed., 2004, 43, 2334–2375.
  3.  “Formation of a one-dimensional array of oxygen in a microporous metal-organic solid”,
    R. Kitaura, S. Kitagawa, Y. Kubota, T.C. Kobayashi, K. Kindo, Y. Mita, A. Matsuo, M. Kobayashi, H.C. Chang, T.C. Ozawa, M. Suzuki, M. Sakata, M. Takata,
    Science, 2002, 298, 2358-2361.
  4. “Highly controlled acetylene accommodation in a metal–organic microporous material”,
    R. Matsuda, R. Kitaura, S. Kitagawa, Y. Kubota, R.V. Belosludov, T. C. Kobayashi, H. Sakamoto, T. Chiba, M. Takata, Y. Kawazoe and Y. Mita,
    Nature, 2005, 436, 238-241.
  5. “Soft Porous Crystals”,
    S. Horike, S. Shimomura, and S. Kitagawa,
    Nature Chemistry, 2009, 1, 695–704.
  6. “One-dimensional imidazole aggregate in aluminum porous coordination polymers with high proton conductivity”, S.Bureekaew, S.Horike, M.Higuchi, M.Mizuno, T. Kawamura, D. Tanaka, N. Yanai and S. Kitagawa,
    Nature Materials, 2009, 8, 831-836.
  7.  “Shape-Memory Nanopores Induced in Coordination Frameworks by Crystal Downsizing”,
    Y. Sakata, S. Furukawa, M. Kondo, K. Hirai, N. Horike, Y. Takashima, H. Uehara, N. Louvain, M. Meilikhov, T. Tsuruoka, S. Isoda, W. Kosaka, O. Sakata, S. Kitagawa,
    Science, 2013, 339, 193-196.
  8. “Self-Accelerating CO Sorption in a Soft Nanoporous Crystal”,
    H. Sato, W. Kosaka, R. Matsuda, A. Hori, Y. Hijikata, R.V. Belosludov, S. Sakaki, M. Takata, S. Kitagawa,
    Science, 2014, 343, 167-170.
  9. “Design and control of gas diffusion process in a nanoporous soft crystal”,
    C. Gu, N. Hosono, J.-J. Zheng, Y. Sato, S. Kusaka, S. Sakaki, S. Kitagawa,
    Science, 2019, 363, 387-391.
  10. 北川 進、集積型金属錯体、講談社サイエンティフィク、2001.
リンク

↑ページの先頭へ