日本学士院

会員情報

 

氏名

吉田和彦(よしだ かずひこ)

吉田和彦

 

所属部・分科

第1部第1分科

選定年月日

令和4年12月12日

専攻学科目

言語学

現職等

京都産業大学外国語学部教授・ことばの科学研究センター長
京都大学名誉教授

受賞等

〔国内〕
新村出賞(平成3年)

〔海外〕

外国アカデミー会員等

 

主要な学術上の業績

吉田和彦氏は印欧語比較言語学の分野において、ヒッタイト帝国の言語であったヒッタイト語を中心に比較言語学的研究を進め、卓越した言語学者として国際的に高く評価される多くの優れた業績を挙げました。 その主著The Hittite Mediopassive Endings in –ri (Walter de Gruyter, Berlin・New York, 1990)は、ヒッタイト語の中・受動態の動詞語尾-riを網羅的に検討し、印欧祖語の動詞体系の再建および分派諸言語の動詞体系の発展に関する重要な寄与として世界の学界で絶賛されました。 また、Studies in Anatolian and Indo-European Historical Linguistics (Graduate School of Letters, Kyoto University, 2004)は、印欧アナトリア諸語に関する10編、印欧語に関する6編の計16編の英語論文からなる論文集で、ヒッタイト語などの印欧アナトリア諸語のみならず、ギリシア語、ラテン語、古教会スラブ語、古期アイルランド語、ゲルマン語、リトアニア語(バルト語派)、サンスクリット語など、多くの印欧語を研究対象とし、これらを比較・検討することによって印欧祖語の再建と諸言語の歴史的発展の解明に絶大な貢献をしました。

主要な著書・論文

1. The Hittite Mediopassive Endings in -ri (Untersuchungen zur Indogermanischen
Sprach- und Kulturwissenschaft
5). Walter de Gruyter: Berlin. 1990.
2. 『印欧アナトリア諸語概説』(大城光正と共著).大学書林.1990.
3. 『言葉を復元する — 比較言語学の世界』.三省堂.1996.
4. Studies in Anatolian and Indo-European Historical Linguistics (Studies in Old
Eurasian Languages
2). Graduate School of Letters, Kyoto University. 2004.
5. 『比較言語学の視点 — テキストの読解と分析』.大修館書店.2005.
6. East and West: Papers in Indo-European Studies (with Brent Vine). Bremen: Hempen
Verlag. 2009.
7. Indic Across the Millennia: From the Rigveda to Modern Indo-Aryan. Proceedings of the Linguistics Sessions of the 14th World Sanskrit Conference, Kyoto, Japan,
September 1-5, 2009
(with Jared Klein). Bremen: Hempen Verlag. 2012.
8. Vina Diem Celebrent: Studies in Linguistics and Philology in Honor of Brent Vine
(with Dieter Gunkel, Stephanie Jamison and Angelo Mercado). Ann Arbor: Beech
Stave Press. 2018.
9. “Some Old Morphological Features of Hittite Imperatives.” And I Knew Twelve
Languages:
A Tribute to Massimo Poetto on the Occasion of His 70th Birthday, ed.
by Natalia Bolatti Guzzo and Piotr Taracha. Warsaw: Agade. 2019. 735-743.
10. “Inferring Linguistic Change from a Permanently Closed Historical Corpus.” The
Handbook of Historical Linguistics Volume 2, eds. by Richard D. Janda, Brian D.
Joseph, and Barbara S. Vance. Oxford: Wiley/Blackwell Publishers. 2021. 196-213.
11. “The Hittite 3 pl. Preterites in -ar Revisited.” Lyuke wmer ra. Indo-European Studies in Honor of Georges-Jean Pinault, eds. by Hannes A. Fellner, Melanie Malzahn, and Michaël Peyrot. Ann Arbor: Beech Stave Press. 2021. 538545.
12. “Some Diachronic Remarks on the Hittite enclitic particle -ṷa(r)Ha! Linguistic Studies in Honor of Mark R. Hale, eds. by Laura Grestenberger, Charles Reiss, Hannes A. Fellner & Gabriel Z. Pantillon. Wiesbaden: Reichert. 2022. 413-422.
13. “The Origin of the Indo-European Thematic Present” The Journal of the Linguistic Society of Japan 162. 2022. 119-144.

リンク