Skip navigation.

HOME > お知らせ > 日本学士院賞授賞の決定について

日本学士院賞授賞の決定について

日本学士院は、平成28年3月14日開催の第1097回総会において、日本学士院賞9件9名(森和俊氏に対しては恩賜賞を重ねて授与)、日本学士院エジンバラ公賞1件1名を決定しましたので、お知らせいたします。受賞者は以下のとおりです。

1. 恩賜賞・日本学士院賞
研究題目 小胞体ストレス応答の発見と解明
氏名 森 和俊(もり かずとし) 森 和俊
現職

京都大学大学院理学研究科教授

生年(年齢) 昭和33年(57歳)
専攻学科目

分子生物学

出身地 岡山県倉敷市
授賞理由

  森 和俊氏は、ホルモンやその受容体などのタンパク質が高次構造(立体的な形)を形成する場である細胞内小器官「小胞体」の恒常性がどのように維持されるか、その仕組み(小胞体ストレス応答の分子機構)を解明しました。まず出芽酵母を用いて、小胞体ストレスを感知するセンサー分子IRE1と、その情報を伝える転写因子HAC1を同定し、HAC1 mRNA前駆体がIRE1からの情報をうけてスプライシングによりHAC1が産生されるという全く新奇な機構によってIRE1とHAC1の間がつながれていることを見いだしました。次に哺乳動物小胞体ストレス応答の分子機構を解析し、酵母のIRE1-HAC1経路がIRE1-XBP1経路として保存されている上に、ATF6 経路という酵母にはないシグナル伝達経路が存在することを明らかにしました。さらに、ATF6経路がマウスとメダカの初期発生過程において必須の役割を果たしていることを証明しました。森氏の研究は、小胞体ストレスが関与していると考えられている糖尿病、アルツハイマー病、パーキンソン病などの様々な疾患の発症機構の解明、予防や治療に道を開くものであります。


【用語解説】

ホルモンやその受容体などのタンパク質
ホルモンの代表例はインスリンで、インスリンがその受容体に結合するためには、両者ともに正しい高次構造(立体的な形)を小胞体の中で形成しなければならない。
細胞内小器官
細胞の内部に存在する膜で囲まれた構造物。多種類存在する。
小胞体ストレス/小胞体ストレス応答
小胞体内に構造異常タンパク質が蓄積して小胞体の機能が低下している状況を指す。その状況に、「核」にシグナルを送り、小胞体の分子シャペロン(正しい高次構造へのタンパク質の折りたたみを助ける物質)を増量して、蓄積した構造異常タンパク質を修復する反応を小胞体ストレス応答と呼ぶ。
出芽酵母
単細胞(個々の細胞が独立している)の真核(核を持つ)生物の一種。
転写因子
標的のタンパク質の発現量を変化させるように核内で遺伝子に働きかけるタ ンパク質。
スプライシング
酵素反応によりmRNAの一部が切り継ぎされること。
初期発生過程
ATF6経路をマウスで遮断すると、子マウスは妊娠後8日目までに死亡する。ATF6経路をメダカで遮断しても早期に致死となり、その原因は脊索(背骨が発達する前に体の軸となる重要な組織)の発達不全である。
2. 日本学士院賞
研究題目 滿洲語辞典
氏名 河内良弘(かわち よしひろ) 河内良弘
現職 京都大学名誉教授、天理大学名誉教授
生年(年齢)

昭和3年(87歳)

専攻学科目 東洋史学
出身地 佐賀県武雄市
授賞理由

 河内良弘氏は、『滿洲語辞典』(松香堂書店、2014年6月)において、17世紀前半、中国に清朝を樹立した満洲族の言語である満洲語の、約4万語から成る辞書を完成しました。満洲族は中国のほかモンゴル、チベット、中央アジア東部をも征服して、大清帝国と呼ばれる強大な国家の支配者となりました。帝国内では満洲語が第一公用語として使用されましたが、この国家が多民族国家であったため、漢語、モンゴル語もそれに次ぐ公用語として併用されました。この結果、これらの言語による多数の資料が残されましたが、最も重要なのが満洲語の資料です。河内氏の辞書には『御製増訂清文鑑』『清文総彙』など、清代に編纂された満洲語の辞書に見られる語彙のほか、「清代満文檔案」と呼ばれる一次資料で使用されている語彙をも多く収録しています。また、用例を多く収録し、語彙・用例の出典も明記しています。この辞書が、既存の満洲語辞典を凌駕する、充実した最新・最良の研究工具として、世界の満洲学研究の進展に大きく貢献することはまちがいありません。


【用語解説】

清朝 1636-1911。
中国歴代王朝の一つで、その最後の王朝。始祖は満洲(Manju)族のヌルハチ。康熙、雍正、乾隆の三帝の時代が最盛期。辛亥革命で滅亡。
満洲族
中国の東北部に居住する滿洲・ツングース系民族。金代や明代の女真(Jušen)族は清代の満洲族の前身。現代の中国では満族と呼ぶ。
満洲語
テュルク(トルコ)語、モンゴル語と共にアルタイ語族に属し、モンゴル文字を改良した満洲文字で綴られる。現代の中国では満文という。
多民族国家
満洲族、漢族、モンゴル族、チベット族等からなる多民族国家。
『御製増訂清文鑑(ぎょせい・ぞうてい・しんぶんかん)』
満洲語の意味を満洲語で説明し、さらに漢語訳を加えた清代官撰の満=滿=漢辞典。
『清文総彙』
清代に作成され、満洲語に漢語訳を付けた滿=漢辞典。
清代満文檔案(しんだい・まんぶん・とうあん)
清代に満文で記された公文書類。内容は、政治、経済、外交、軍事等、多岐にわたり、その数は二百万冊以上と推定される。檔案は檔子ともいう。檔子は古文書を意味する満洲語dangseの音訳。
研究工具
辞典、事典、年表、目録など研究に利用する書物。
満洲学
満洲族の歴史、言語、社会、文化などを研究する学問。
3. 日本学士院賞
研究題目

戦後日本公害史論

氏名 宮本憲一(みやもと けんいち) 宮本憲一
現職

大阪市立大学名誉教授、滋賀大学名誉教授

生年(年齢) 昭和5年(86歳)
専攻学科目 環境経済学・財政学
出身地 石川県河北郡津幡町(旧河合谷村)
授賞理由

  宮本憲一氏は、『戦後日本公害史論』(岩波書店、2014年7月)において、戦後日本の公害史を政治経済学の立場から初めて本格的に分析しました。すなわち、世界史上に残るような戦後日本の深刻な諸公害は、地域住民の健康被害を無視してひたすら経済成長を追求する企業の起こした公害に対して、政府や学界が的確な原因究明と防止策を講じなかったために生じた政官財学の複合体によるシステム公害であること、それゆえに地域住民が住民運動と裁判闘争によって公害の克服に努めねばならなかったことを究明しました。特に、イタイイタイ病、新潟水俣病、四日市公害、熊本水俣病の四大公害裁判の分析では、裁判所が発生源と被害者の因果関係を個別の病理学的究明でなく集団の疫学的究明によって判断したことが重要であったことを指摘しました。高度成長の終焉に伴い公害行政が後退しはじめた後になって発生したアスベスト災害や原発事故などについても論及しています。


【用語解説】

政官財学の複合体
政治家と官僚と財界と学界が互いに関連しながら一体となって動いている場合を指す。
システム公害
単独の原因から生じた公害として理解されるべきでなく、公害の発生源となった企業や、それを制御する役割を持つ政府や学者が任務を果たさなかったために生み出された公害であることを指す。
個別の病理学的究明
個々の被害者が発生源との直接的な関係によって公害病となったのかどうかを個別具体的に立証すること。
集団の疫学的究明
集団的な公害については、発生源と目される物質の汚染地域における被害者の分布状態との対応関係を明らかにすることによって因果関係を立証すること。
4. 日本学士院賞
研究題目 MAPキナーゼ並びに関連シグナル伝達経路の分子機構と機能の解明
氏名 西田栄介(にしだ えいすけ) 西田栄介
現職

京都大学大学院生命科学研究科教授

生年(年齢) 昭和28年(62歳)
専攻学科目 細胞生物学
出身地 埼玉県さいたま市(旧浦和市)
授賞理由

  西田栄介氏は細胞の増殖や分化を制御するタンパク質リン酸化酵素、MAPキナーゼを発見し、その作用機構、生理作用を明らかにしました。

  細胞の増殖や分化は、増殖因子、分化因子によって制御されています。すなわち、増殖因子や分化因子の刺激が細胞膜上の受容体を介して核に伝わり、遺伝子発現を介して細胞の運命が決定されます。西田氏は、生化学、分子生物学、細胞生物学のテクニックを駆使して、細胞膜から核へのシグナル伝達経路を解析、この経路を担う酵素、MAPキナーゼを同定しました。そして、そのMAPキナーゼの活性化機構、作用機構の解析からタンパク質キナーゼの連鎖反応(カスケード)の存在を見出し、MAPキナーゼ活性化の分子機構を明らかにしました。ついで、MAPキナーゼの生理作用を解析し、MAPキナーゼによるタンパク質リン酸化が卵母細胞の成熟過程、胚発生における中胚葉の誘導や、動物の寿命の決定に関与していることを見いだしました。


【用語解説】

MAPキナーゼ (Mitogen-Activated Protein Kinase, MAPK)
Mitogen(細胞分裂促進因子)によって活性化されるタンパク質リン酸化酵素(キナーゼ)。タンパク質のセリンやスレオニン残基をリン酸化、その分子の活性を制御する。
タンパク質キナーゼの連鎖反応(カスケード)
MAPKK(MAPキナーゼ・キナーゼ)は近接するチロシン(Y)およびスレオニン(T)残基をリン酸化(P)することによりMAPKを活性化する。一方、MAPKKはその上流に存在するMAPKK-K(MAPキナーゼ・キナーゼ・キナーゼ)によってセリン残基(S)がリン酸化され活性化される。このようにリン酸化の連鎖反応が細胞の増殖や分化を制御する。
卵母細胞
メスの生殖細胞。この細胞が成熟し、減数分裂(染色体の数の減少を伴う細胞分裂)の後に卵子となる。
中胚葉
動物の発生過程で細胞は3つの群(外胚葉、中胚葉、内胚葉)に区別される。中胚葉の細胞から筋肉や体腔が形成される。
5. 日本学士院賞
研究題目 113番超重元素の発見
氏名 森田浩介(もりた こうすけ) 森田浩介
現職

九州大学大学院理学研究院教授、
理化学研究所仁科加速器研究センター
超重元素研究グループ・グループディレクター

生年(年齢) 昭和32年(59歳)
専攻学科目 物理学(実験核物理学)
出身地 福岡県北九州市若松区
授賞理由

  森田浩介氏は理化学研究所を中心とする研究チームを率いて未知の超重元素113番を発見しました。実験は原子番号83のビスマス標的に原子番号30の亜鉛イオンのビームを照射し、核融合反応によって合成される113番元素を電磁的に分離収集し、その崩壊過程を綿密に観測したものです。前方に飛び出した超重元素核のみを選択するため、気体充填型の反跳核分離器GARISを開拓し、稀少で貴重な超重元素の原子核を分離しました。それら超重元素核候補は位置敏感型の半導体検出器に打ち込まれ、一連のアルファ崩壊の場所、エネルギーと半減期が正確に同定されました。この超重元素生成の確率は極めて小さく、それを可能とする加速器強度の増強と巨大なバックグラウンドを除去できる検出装置GARISの開拓が実験成功の鍵でした。2015年、森田氏の研究チームは国際純正応用化学連合から113番元素の発見者と認定され、その元素の名称と記号の提案を行うようにとの栄誉ある招へいを受けました。これは元素発見の歴史においてアジアで初めてのことです。


【用語解説】

超重元素
原子番号104以上の元素のこと。全て放射性で人工的に合成される。短寿命であること、合成される原子数が少ないことから化学的性質は未解明なものが多い。
原子番号83のビスマス標的
炭素薄膜上に真空蒸着によって付着させた薄膜状金属ビスマス。
核融合反応
二つの原子核を融合させる反応のこと。原子核はプラスの電荷をもっており互いに反発するのでその反発力に打ち勝って原子核の表面同士を接触させる程度に一方を加速する必要がある。重い核同士の融合反応は吸熱反応であり、発熱反応である恒星中の核融合のようにエネルギーを発生することはない。
気体充填型の反跳核分離器GARIS
ビームと同方向に放出される、目的とする超重元素核を、大強度のビーム粒子やその他の目的としない粒子から選別し、一点に収集させる装置。磁場を用いて選別、収集を行う。大効率を得るため磁極間に希薄なガスを充填してあるのが特徴。
位置敏感型の半導体検出器
入射して埋め込まれる荷電粒子のエネルギーと入射位置を同時に観測できる半導体を利用した検出器。
アルファ崩壊
原子核の放射性崩壊の一種。親核が陽子2個、中性子2個からなるヘリウムの原子核を放出して崩壊する。この崩壊により原子番号が2、質量数が4小さい娘核ができる。
6. 日本学士院賞
研究題目 感覚と知能を持つロボットの基盤技術の開拓
氏名 井上博允(いのうえ ひろちか) 井上博允
現職

東京大学名誉教授、カワダロボティクス(株)取締役技師長

生年(年齢) 昭和17年(73歳)
専攻学科目 機械工学
出身地 鹿児島県鹿児島市
授賞理由

  井上博允氏は、ロボット工学の黎明期より今日に至るまで半世紀にわたり、感覚と知能を持つロボットシステムに関する数々の先駆的研究を行い、この分野を開拓・先導してきた世界的パイオニアです。

  最初の先駆的な業績は、1969年に実現した人工の手の計算機制御の研究です。人工の手、即ちロボットの手に巧みな作業を実行させるには、作業中に外部から受ける反力の感覚に基づく双動性が不可欠であることを指摘し、隙間の小さい丸穴への丸棒の挿入、クランク回し、手の作業の直接教示など、数々の有用な基本的機能を実現し、ロボットの作業能力を飛躍的に高めました。また、視覚情報によって手の位置を修正する視覚フィードバック、高速の画像相関演算により対象を実時間追跡できるトラッキングビジョン、人間がロボットの眼前で実演してみせる作業をロボットが理解してプログラムする知能の実現など、感覚と知能を持つロボットの基盤技術を幅広く開拓し、さらにそれらの技術を統合した人間型ロボットに関する国家プロジェクトを主導する等、今後のロボット革命において中核となる基盤技術の開拓を先導してきました。


【用語解説】

双動性
人工の手が計算機の指令に従って動くだけでなく、反力の感覚により外部からの拘束力に従っても動けること
画像相関演算
画像の類似度の指標として用いる各画素の濃度差の絶対値和
トラッキングビジョン
カメラで捕らえた目標を高速に追跡できる画像処理装置
7. 日本学士院賞
研究題目

多孔性金属錯体材料の創製と応用に関する研究

氏名 北川 進(きたがわ すすむ) 北川 進
現職

京都大学物質-細胞統合システム拠点長・教授、

京都大学大学院工学研究科教授

生年(年齢) 昭和26年(64歳)
専攻学科目 錯体化学
出身地 京都市下京区
授賞理由

  北川 進氏は、無機・有機ハイブリッド化合物である金属錯体の特性を生かした新しい多孔性物質材料を開発しました。活性炭、無機材料ゼオライトに続く、第三の多孔性材料分野の開拓と言えます。この手法は、一定の結合数と結合方向性をもつ金属イオンと多配位性の有機分子を組み合わせるもので、ナノメートル精度で制御された空間構造、形状、機能をもつ物質を自在に設計、合成することができます。この一連の多孔性材料は軽量かつ大きな表面積を有し、その多くが熱や圧力などの物理的刺激や、水、酸、アルカリに対しても安定です。新たな設計指針にもとづくこの多孔性金属錯体材料の開発は、既存の材料では困難であった、気体物質の低エネルギーでの安全な貯蔵・輸送、高選択的分離、さらに効率的化学変換を可能にしました。北川氏の新化学材料技術は、国内外に広く実践されつつあり、環境、資源、エネルギー、健康などの諸問題の軽減・解決に貢献するものです。


【用語解説】

金属錯体
配位結合により結ばれた有機分子と金属イオンが生みだす物質。配位結合とは、有機分子と金属イオンとの間に生じる結合で、両者を結びつける接着剤の役割をする。
多孔性材料
ナノサイズの小さな空間、チャンネルを多数持つ固体材料で、活性炭やゼオライトが従来材料としてよく知られている
環境、資源、エネルギー、健康などの諸問題
 
特に、これらに関わる気体分子として、環境、資源には二酸化炭素や一酸化炭素、エネルギーには水素、メタン、アセチレン、健康や生命の課題には酸素、酸化窒素などが挙げられる。
8. 日本学士院賞
研究題目 インフルエンザウイルスの病原性の分子基盤解明とその制圧のための研究
氏名

河岡義裕(かわおか よしひろ)

河岡義裕
現職

東京大学医科学研究所教授、
米国ウイスコンシン大学獣医学部教授、
東京大学医科学研究所感染症国際研究センター長、
京都大学客員教授

生年(年齢) 昭和30年(60歳)
専攻学科目 ウイルス学
出身地 兵庫県神戸市中央区
授賞理由

  河岡義裕氏は、インフルエンザウイルスを効率的に人工合成する画期的なリバースジェネティクス法を開発しました。河岡氏はこの技術を利用して、鳥インフルエンザウイルスが病原性を獲得するメカニズムを解明するとともに、哺乳動物に感染し、致死的な病気を引き起こす条件を究明しました。この知見は、世界の鳥インフルエンザの流行対策並びに公衆衛生対策に貢献しています。また、この技術は、インフルエンザ研究を飛躍的に発展させ、多くの発見に寄与するのみならず、インフルエンザワクチン製造株の作出にも利用されており、世界の保健衛生に貢献しています。本技術を駆使し、鳥インフルエンザウイルスが人に感染し、パンデミックを起こすメカニズムの一端を解明した同氏の研究成果は、現在火急の問題である鳥インフルエンザならびにパンデミックインフルエンザ対策に大きく寄与するものです。


【用語解説】

リバースジェネティクス
図に示すように、インフルエンザウイルスの遺伝子を組み込んだプラスミド(細菌体内などに存在し、核内染色体とは独立して機能する遺伝子)を哺乳動物細胞に導入して感染性ウイルスを産生させる技術。
パンデミックインフルエンザ
インフルエンザの世界流行。1918年のスペイン風邪パンデミックでは、世界で4,000万人以上が死亡した。
9. 日本学士院賞
研究題目 シナプス分子と記憶・学習に関する研究
氏名 三品昌美(みしな まさよし) 三品昌美
現職

立命館大学総合科学技術研究機構教授、

東京大学名誉教授

生年(年齢)

昭和22年(68歳)

専攻学科目 分子脳科学
出身地 滋賀県守山市
授賞理由

  三品昌美氏は、高等動物の脳における主要な興奮性神経伝達物質受容体であるグルタミン酸受容体の分子実体を明らかにし、NMDA型グルタミン酸受容体が海馬のシナプス可塑性と文脈依存学習の閾値を決定し、記憶・学習の分子基盤となっていることを示しました。また、小脳のグルタミン酸受容体δ2がシナプス可塑性と運動学習を制御するとともにシナプス前部のニューレキシンと結合することによりシナプス形成を誘導することを明らかにしました。さらに、ヒト知的障害の原因となるIL1RAPL1がシナプス前部の受容体型チロシンフォスファターゼPTPδと結合することにより大脳皮質神経細胞の興奮性シナプス形成を誘導することを明らかにしました。中枢シナプスの可塑性や形成を制御する分子群が記憶・学習の基盤となっているとの知見は、脳の高次機能とその障害を分子レベルから理解する分野の開拓に貢献しました。


【用語解説】

グルタミン酸受容体
脳における速い興奮性神経伝達はグルタミン酸とその受容体により担われ、グルタミン酸受容体には、NMDA型やδ2型など複数の分子種が存在している。
シナプス可塑性
神経細胞と神経細胞が互いに連絡して情報伝達を行う部位をシナプスと呼ぶ。ヒトの脳では約1,000億の神経細胞が形成する膨大なネットワーク(~1015シナプス)が、情報を処理している。強い複数の入力などはシナプス伝達効率の変化を引き起こす。この現象はシナプス可塑性と呼ばれる。
閾値
刺激と生理反応の関係は直線的ではない。弱い刺激では全く反応が起きず、ある値以上の強さの刺激によってはじめて生理反応が引き起こされる。この境界の値を閾値という。
IL1RAPL1(インターロイキン1受容体アクセサリプロテインライク1)
知的障害の原因遺伝子の一つとして同定されたタンパク質。
10. 日本学士院エジンバラ公賞
研究題目

植物ホルモン・ジベレリンがもたらす種の保全確保と植物多様性ならびに食糧生産性向上に関する研究

氏名 松岡 信(まつおか まこと) 松岡 信
現職

名古屋大学生物機能開発利用研究センター教授

生年(年齢)

昭和30年(60歳)

専攻学科目 作物遺伝育種
出身地 愛知県豊橋市
授賞理由

 松岡 信氏は、イネの矮性突然変異体を用いて、植物成長ホルモンであるジベレリンの生合成や受容の分子機構を明らかにしました。この過程で、20世紀に展開されたイネの「緑の革命」において、ジベレリン合成を触媒するGA20酸化酵素2が大きな役割を果たしたことを突き止め、ジベレリン産生を分子育種的に制御することでさらなる作物収量増加が可能であることを示しました。さらに、植物進化過程において、ジベレリンやその受容機構がシダ植物出現時に確立されたこと、その出現時に、元来酵素として機能していたタンパク質の一部が変化しジベレリン受容体が作り出されたことを見つけました。また、シダ植物において遺伝的多様性に重要な役割を果たす造精器の形成が、ジベレリン合成経路の改変により制御されていることを発見し、ジベレリン合成や受容機構の変化が、多様的な植物種の出現や保全に大きな役割を果たしてきたことを示しました。


【用語解説】

矮性突然変異体
遺伝子が変異を起こし、植物の成長が阻害され背丈が低くなった個体または系統。
植物成長ホルモン
植物が生産し、低濃度で植物の生長を促進する低分子化合物。
ジベレリン(GA)
植物成長ホルモンの一つ。イネの馬鹿苗病の原因物質として、日本の研究者によりイネの成長を促進する物質として同定・単離された。
緑の革命
20世紀中頃に展開された、高収量品種の導入と化学肥料の利用によりイネやコムギの収穫量が大幅に向上し穀物の大量増産が達成された出来事。
ジベレリン受容体(GID1)
ジベレリンと結合するタンパク質。ジベレリンとGID1受容体が結合することにより、植物のジベレリンに対する反応を引き起こす。
造精器
コケやシダ植物の雄性生殖器官であり、精子をつくる。

↑ページの先頭へ

日本学士院会館