Skip navigation.

HOME > 会員・客員一覧 > 物故会員一覧 > カ行 > 物故会員個人情報

物故会員個人情報

氏名 京極純一 (きょうごく じゅんいち) 京極純一
所属部・分科 第1部第2分科
選定年月日 平成9年12月12日
退任年月日 平成28年2月1日
専攻学科目 政治学・政治過程論
過去の要職
  • 東京大学名誉教授
  • 東京女子大学長
受賞等 国内
  • 紫綬褒章 (平成元年)
  • 勲二等瑞宝章 (平成10年)
  • 文化功労者(平成13年)
海外
主要な学術上の業績

京極純一氏は、敗戦後の政治機構民主化に即して、選挙や世論調査等ひろく素材を求め、政治意識論・政治行動論を開拓し、数量的資料の解読記述にとどまらず、統計学を活用して必要とする情報を抽出する方法を確立、分析を一挙に精緻化しました。その手法を以て現実政治を検証し、現代日本政治の構造と動態過程とを包括的に解明した業績は、日本社会の大衆化と情報化に対応する研究領域の拡大、再構成として卓抜しており、内外の高い評価を受けています。

主要な著書・論文
  • 著 書
    1. 『日本の政治』 (東京大学出版会)

↑ページの先頭へ