Skip navigation.

HOME > 会員・客員一覧 > 会員一覧 > 第7分科 > 会員個人情報

会員個人情報

氏名 関谷剛男 (せきや たかお) 関谷剛男
所属部・分科 第2部第7分科
選定年月日 平成17年12月12日
専攻学科目 薬学・核酸有機化学
現職等
  • 公益財団法人佐々木研究所常務理事・附属佐々木研究所所長
受賞等 国内
  • 日本生化学会奨励賞(昭和54年)
  • 第2回日経BP技術賞(平成4年)
  • 高松宮妃癌研究基金学術賞(平成5年)
  • 日本薬学会賞(平成12年)
  • 第41回藤原賞(平成12年)
  • 日本電気泳動学会国際学術賞平井賞(平成13年)
  • 日本癌学会第10回吉田富三賞(平成13年)
  • 日本学士院賞(平成14年)
海外
外国アカデミー会員等
主要な学術上の業績

関谷剛男氏は、DNAの特性を巧みに生かした独創的なDNA解析技術を開発しました。塩基配列変化による異常を把握する一本鎖DNA高次構造多型(single-strand conformation polymorphism, SSCP)解析法と、塩基配列変化を伴わないCpGアイランドのメチル化異常を把握する部分変性分子分離(segregation of partly melted molecules, SPM)法はその代表です。PCR-SSCP法は、一塩基置換で生じる一本鎖DNAの3次元構造変化を電気泳動における移動度の差で観察する、簡便で高感度な変異遺伝子検出法です。この方法は、多数のヒト肺がん試料におけるras遺伝子点変異の検出に成功して以来、塩基配列変化を検出する必須技術として数多くのがん遺伝子、がん抑制遺伝子の異常解析に広く使用され、細胞がん化機構の理解、がんの診断等において大きな貢献をしてきました。また、一塩基置換による遺伝子多型の検出、同定にも広く使用され、さらに、ヒト遺伝病の原因遺伝子同定のごく初期に、米国で嚢胞性線維症の原因遺伝子CFTRの同定に使用されたことから、多くのヒト遺伝病の原因解明に活躍しました。

主要な著書・論文
    1. M. Orita, H. Iwahana, H. Kanazawa, K. Hayashi and T. Sekiya. Detection of polymorphisms of human DNA by gel electrophoresis as single-strand conformation polymorphisms. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 86, 2766-2770, 1989
    2. M. Orita, Y. Suzuki, T. Sekiya and K .Hayashi. Rapid and sensitive detection of point mutation and DNA Polymorphisms using the polymerase chain reaction. Genomics 5, 874-879, 1989
    3. Y. Suzuki, M. Orita, M. Shiraishi, K. Hayashi and T. Sekiya. Detection of ras gene mutations in human lung cancers by single-strand conformation polymorphism analysis of polymerase chain reaction products. Oncogene 5, 1037-1043, 1990
    4. Murakami, K. Hayashi and T. Sekiya. Detection of aberrations of the p53 alleles and the gene transcript in human tumor cell lines by single-strand conformation polymorphism analysis of polumerase chain reaction products. Cancer Res. 51, 3356-3361, 1991
    5. Y. Kishimoto, Y. Murakami, M. Shiraishi, K. Hayashi and T. Sekiya. Aberrations of the p53 tumor suppressor gene in human non-small cell carcinomas of the lung. Cancer Res. 52, 4799-4804, 1992
    6. T. Sekiya. Detection of nucleotide sequence changes by single-strand conformation polymorphism analysis in Genome Research in Molecular Medicine and Virology (ed. by K.W. Adolph) Academic Press, Inc., p101-p113, 1993
    7. X. Zhang, H.-J. Xu, Y. Murakami, R. Sachse, K. Yashima, S. Hirohashi, S.-X. Hu, W.F. Benedict and T. Sekiya. Deletions of chromosome 13q, mutations in RB1 and RB protein state, in human hepatocellular carcinoma. Cancer Res. 54, 4177-4182, 1994
    8. M. Shiraishi, L.S. Lerman, and T. Sekiya. Preferential isolation of DNA fragments associated with CpG islands. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 92, 4229-4233, 1995
    9. K. Sugano, Y. Nakashima, K. Yamaguchi, N. Fukayama, M. Maekawa, H. Ohkura, T. Kakizoe, and T. Sekiya. Sensitive detection of loss of heterozygosity in the TP53 gene in pancreatic adenocarcinoma by fluorescence-based single-strand conformation polymorphism analysis using blunt-end DNA fragments. Genes, Chromosomes & Cancer 15, 157-164, 1996
    10. T. Sekiya. Nucleotide sequence changes in human genome: detection by single-strand conformation polymorphism analysis. Proc. Japan Acad. Ser B, 80, 92-102, 2004
リンク

↑ページの先頭へ