Skip navigation.

HOME > 会員・客員一覧 > 物故会員一覧 > ア行 > 物故会員個人情報

物故会員個人情報

氏名 織田敏次 (おだ としつぐ) 織田敏次
所属部・分科 第2部第7分科
選定年月日 平成6年12月12日
退任年月日 平成24年9月19日
専攻学科目 内科学
過去の要職
  • 日本赤十字医療センター名誉院長
  • (財)ウイルス肝炎研究財団常務理事
  • 東京大学名誉教授
受賞等 国内
  • 文化功労者(平成5年)
  • 勲一等瑞宝章(平成8年)
  • 昭和天皇記念学術賞(平成13年)
海外
主要な学術上の業績

織田敏次氏は、肝臓病を生化学的に研究し、その知見を基に、終戦後多発した肝炎の予防対策の重要性を訴え、調査研究班を編成し、その幹事役を務めました。班員(大河内一雄氏)が指摘した血中抗原を手掛りに血清肝炎はB型肝炎ウイルス感染によることを究明し、その疫学的研究並びに病態についての広汎な研究によりワクチンの調製にも成功し、その予防、治療に貢献しました。 特にB型肝炎ウイルス母子感染の阻止に貢献。

主要な著書・論文
    1. Oda T, Suzuki H, et al : Australia Antigen : Clinical Aspects in Japan. Asian Med J 19, 2: 27-41, 1976
    2. Oda T, Takahashi T, Mayumi M, et al : Incomplete Inactivation of Hepatitis B Virus after Heat Treatment at 600 ºC for 10 hours. J Infect Diseases 138, 2: 242-244,1978
    3. Oda T, Suzuki H, et al : Incidence of Hepatitis B Antigens in Chronic Hepatitis in Japan. Annals Academy Med 9, 2: 142-143, 1980
    4. Oda T, Suzuki H : Non-A, Non-B Hepatitis in Japan. Non-A, Non-B Hepatitis. Ed Gerety, Academic Press 153-166, 1981
    5. Oda T, Suzuki H : Effect of Human Leucocyte or Fibroblast Interferon on Hepatitis B Virus Infection in Patients with Chronic Hepatitis. The Clinical Potential of Interferon. Ed Kono, Vilcek, 135-142. Univ of Tokyo Press 1982
    6. Shikata T, Yano M, Shiraki K, Oda T : Efficacy Trial of HBIG and Hepatitis B Vaccine for the Prevention of Perinatal HBV Transmission. Viral Hepatitis and Liver Disease. Ed Vyas, Grune & Stratton, 593-597, 1983
    7. Oda T : NANB hepatitis virus as the cause of HCC. Proceedings of the Second International Symposium on Viral Hepatitis and Hepatocellular Carcinoma, Taipei, Dec 7-9, 1988, Ed by Juei-Low Sung. Excerpta Medica, 466-468, 1990
    8. Oda T : Development of Hepatology in Asia-Viral Hepatitis and Hepatocellular Carcinoma. Proceedings of the VIIIth Biennial Meeting April 5-21, 1992
    9. 織田敏次、鈴木宏、岡博編著:肝臓の病気. 中外医学社 1971、1980(4版)
    10. 織田敏次:B型ウイルス肝炎の研究、特にワクチンの開発について(紫綬褒章対象の要約). 学術月報 40, 1: 18-22, 1987

↑ページの先頭へ