Skip navigation.

HOME > 会員・客員一覧 > 会員一覧 > 第6分科 > 会員個人情報

会員個人情報

氏名 喜田宏 (きだ ひろし) 喜田宏
所属部・分科 第2部第6分科
選定年月日 平成19年12月12日
専攻学科目 獣医微生物学
現職等
  • 北海道大学ユニバーシティプロフェッサー
  • 北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター特別招聘教授・統括
  • OIE 鳥インフルエンザレファレンスラボラトリー長
  • WHO指定人獣共通感染症対策研究協力センター長
  • 北海道大学名誉教授
  • 長崎大学感染症共同研究拠点長
受賞等 国内
  • 日本獣医学会賞(昭和57年)
  • 北海道科学技術賞(平成14年)
  • 北海道新聞文化賞(平成16年)
  • 日本農学賞・読売農学賞(平成17年)
  • 日本学士院賞(平成17年)
海外
外国アカデミー会員等
主要な学術上の業績

 喜田 宏氏は、インフルエンザの疫学研究を地球規模で行い、ウイルスの遺伝子解析と感染実験の結果、夏にカモが営巣するシベリアの湖沼水中に存続しているウイルスが、渡りガモによって中国南部の池に持ち込まれ、そこでアヒル等を介してブタに伝播する経路を明らかにしました。さらに、ヒトと鳥のインフルエンザウイルスに同時感染したブタの呼吸器で新型ウイルスが出現する機構を実証しました。

 また喜田氏は、ウイルスの宿主域、病原性と抗原変異などの現象が、ウイルスと宿主細胞の遺伝子やタンパク質分子間の相互作用によって起こることを明らかにしました。これらの成果を基に、世界の高病原性鳥インフルエンザと新型ウイルス対策ならびに人獣共通感染症克服のため、広範な研究を展開し、国際協力研究にも多大な寄与をしています。

主要な著書・論文
    1. Noda T, Sagara H, Yen A, Takada A, Kida H, Cheng RH, Kawaoka Y: Architecture of ribonucleoprotein complexes in influenza A virus particles. Nature 439, 490-492, 2006.
    2. Takada A, Kuboki N, Okazaki K, Ninomiya A, Tanaka H, Ozaki H, Hamura S, Nishimura H, Enami M, Toshiro M, Shortridge KF and Kida H: An avirulent avian influenza virus as a vaccine strain against a potential human pandemic. J Virol 73, 8303-8307, 1999.
    3. Kida H, Ito T, Yasuda J, Shimizu Y, Itakura C, Shortridge KF, Kawaoka Y and Webster RG.: Potential for transmission of avian influenza viruses to pigs. J Gen Virol 75, 2183-2188, 1994.
    4. Yasuda J, Shortridge KF, Shimizu Y and Kida H: Molecular evidence for a role of domestic ducks in the introduction of avian H3 influenza viruses to pigs in southern China, where the A/Hong Kong/68 (H3N2) strain emerged. J Gen Virol 72, 2007-2010, 1991.
    5. Kida H, Shortridge KF and Webster RG: Origin of the hemagglutinin gene of H3N2 influenza viruses from pigs in China. Virology 162, 160-166, 1988.
    6. Kida H, Kawaoka Y, Neave CW and Webster RG: Antigenic and genetic conservation of H3 influenza virus in wild ducks. Virology 159, 109-119, 1987.
    7. Kida H, Webster RG and Yanagawa R: Inhibition of virus-induced hemolysis with monoclonal antibodies to different antigenic areas on the hemagglutinin molecule of A/seal/ Massachusetts/1/80 (H7N7) influenza virus. Arch Virol 76, 91-99, 1983.
    8. Kida H, Brown LE and Webster RG: Biological activity of monoclonal antibodies to operationally defined antigenic regions on the hemagglutinin molecule of A/seal/ Massachusetts /1/80 (H7N7) influenza virus. Virology 122, 38-47, 1982.
    9. Kida H, Yanagawa R and Matsuoka Y: Duck influenza lacking evidence of disease signs and immune response. Infect Immun 30, 547-55, 1980.
    10. 喜田 宏:インフルエンザ. In 木村 哲, 喜田 宏(編), 人獣共通感染症 pp 54-59, 医薬ジャーナル社, 大阪, 東京, 2004.
リンク

↑ページの先頭へ