Skip navigation.

HOME > 会員・客員一覧 > 会員一覧 > 第5分科 > 会員個人情報

会員個人情報

氏名 堀幸夫 (ほり ゆきお) 堀幸夫
所属部・分科 第2部第5分科
選定年月日 平成23年12月12日
専攻学科目 機械工学
現職等
  • 金沢工業大学学事顧問
  • 東京大学名誉教授
受賞等 国内
  • 紫綬褒章(平成5年)
  • 勲三等旭日中綬章(平成11年)
  • 日本学士院賞(平成19年)
海外
外国アカデミー会員等
主要な学術上の業績

堀 幸夫氏は、機械工学の基本現象である回転、潤滑、材料強度の三分野で、優れた業績を挙げました。滑り軸受で支えられた高速の回転軸に起こる烈しい振動(オイルウィップと呼ぶ)の本質を世界に先駆けて明らかにし(堀のオイルウィップの理論)、その回避法を示して、各種回転機械の高速化長軸化を可能にしました。現代の100万KWを超える大型発電機が実用できるようになったのはその一例です。堀氏はオイルウィップに対する地震の影響についても研究し、その回避法を示しました。
潤滑の分野では、高速滑り軸受、磁気ディスク、磁気テープ装置などに用いる流体や空気による潤滑作用の精密な解析を行い、設計理論を創り優れた貢献を行っています。さらに高分子強度材料の利用に当たって、固体プラスチックの破壊、熔融プラスチックの流れなどについて先駆的な研究を行い、プラスチック材料の実用化に貢献しました。
同氏は、このように多彩な領域に亘って学術の飛躍的発展に寄与するとともに、工業技術の進展にも極めて大きな貢献をしています。

主要な著書・論文
  • 著 書
    1. “固体力学Ⅰ,Ⅱ”、山本善之と共著、464ページ、1976年、岩波書店

      第Ⅱ編(全体の約1/3)を堀が担当。
    2. “流体潤滑”、単著、256ページ、2002年、養賢堂
    3. “Hydrodynamic Lubrication”、単著、231ページ、2006年、Springer Verlag

      上記 “流体潤滑”の著者自身による英訳増補。
  • 論 文
    1. “A Theory of Oil Whip” 単著, Trans. ASME, Journal of Applied Mechanics, Vol. 26 (1959), pp. 189-198.
    2. “Stability Characteristics of Floating Bush Bearings” M. Tanakaと共著, Trans. ASME, Journal of Lubrication Technology, Vol. 94 (1972), pp. 248-259.
    3. “A Study on Foil Bearings -- An Application to Tape Memory Devices -- ” A. Hasuike, T. Higashi, Y. Nagase と共著, Proc. of 1975 Joint ASME-JSME Applied Mechanics Western Conference, Honolulu, Hawaii, March 24-27, 1975, pp. 121-125, #D-5; Bulletin of the JSME, Vol. 20 (1977), pp. 381-387.
    4. “Rubber Surface Squeeze Film” T. Kato, H. Narumiyaと共著, Trans. ASME, Journal of Lubrication Technology, Vol.103 (1981), pp. 398-405.
    5. “Influence of Misalignment of Support Journal Bearings on Stability of Multi-Rotor Systems” T. Nasuda と共著, Proc. IFToMM International Conference on Rotordynamic Problems in Power Plants, Rome, Sept. 28-Oct. 1, 1982, pp. 389-395.
    6. “A Three-Dimensional Analysis of Thermohydrodynamic Performance of Sector-Shaped, Tilting-Pad Thrust Bearings” K. W. Kim, M. Tanaka と共著, Trans. ASME, Journal of Lubrication Technology, Vol. 105 (1983), pp. 406-413.
    7. “Anti-earthquake considerations in rotordynamics” 単著, Keynote Address, Proc. of the 4th IMechE International Conference on Vibrations in Rotating Machinery, Edinburgh, September 1988, pp. 1-8.
    8. “Seismic Response of a Linearly Stable Multirotor System” Y. Kato, K. Koguchi と共著, Proc. 5th IMechE Intern. Conference on Vibrations in Rotating Machinery, Bath, September 1992, pp. 7-11.
    9. “On the Normal Stress Effect and the Barus Effect of Polymer Melts” S. Okubo と共著,  J. Rheology, vol. 24(1) (1980), pp. 39-53.
    10. “Study on Environmental Craze in Polycarbonate” H. Koguchi と共著, Proc. SESA-JSME Joint Conf. on Experimental Mechanics, Honolulu, May 1982, pp. 1053-1058.
リンク

↑ページの先頭へ