Skip navigation.

HOME > 会員・客員一覧 > 会員一覧 > 第3分科 > 会員個人情報

会員個人情報

氏名 鈴村興太郎 (すずむら こうたろう) 鈴村興太郎
所属部・分科 第1部第3分科
選定年月日 平成23年12月12日
専攻学科目 厚生経済学・社会的選択理論
現職等
  • 早稲田大学栄誉フェロー
  • 一橋大学名誉教授
  • 早稲田大学名誉教授
受賞等 国内
  • 日経・経済図書文化賞(昭和59年・昭和63年)
  • 紫綬褒章(平成16年)
  • 日本学士院賞(平成18年)
  • 瑞宝重光章(平成29年4月)
  • 文化功労者(平成29年11月)
海外
外国アカデミー会員等
  • Fellow of the Econometric Society(1990年)
主要な学術上の業績

鈴村 興太郎氏は、国際的に日本を代表する理論経済学者であり、ことにアロー、センとならぶ「厚生経済学」、とりわけ「社会的選択理論」に関する国際的な権威として多くの業績をあげています。
鈴村氏は、社会的選択理論のいっそうの前進に立ちはだかってきたいわゆる「アローの一般可能性定理」(民主的な方法による社会の合理的な選択の不可能性)の問題を克服する解決策を提示しました。たとえば、同じ社会厚生的帰結でもそれにいたる手続きや帰結を含む機会集合の違いを問題にすることなどです。

主要な著書・論文
    1. Rational Choice, Collective Decisions and Social Welfare, Cambridge University Press, 1983.  Reprinted in paperback, 2009.
    2. Consistency, Choice, and Rationality, Harvard University Press, 2010. Joint book with Walter Bossert.
    3. Choice, Preferences, and Procedures: A Rational Choice Theoretic Approach, Harvard University Press, 2016.
    4. “Rational Choice and Revealed Preference,” Review of Economic Studies, Vol. 43, 1976.
    5. “Houthakker's Axiom in the Theory of Rational Choice,” Journal of Economic Theory, Vol. 14, 1977.
    6. “On the Consistency of Libertarian Claims,” Review of Economic Studies, Vol. 45, 1978.
    7. “Entry Barriers and Economic Welfare,” Review of Economic Studies, Vol. 54, 1987. Joint paper with Kiyoharu Kiyono.
    8. “Individual Rights Revisited,” Economica, Vol. 59, 1992.  Joint paper with Wulf Gaertner and Prasanta Pattanaik.
    9. “Cooperative and Noncooperative R&D in Oligopoly with Spillovers,” American Economic Review, Vol. 82. 1992.
    10. “Characterizations of Consequentialism and Non-Consequentialism,” Journal of Economic Theory, Vol. 101, 2001. Joint paper with Yongsheng Xu.
リンク

↑ページの先頭へ