Skip navigation.

HOME > 会員・客員一覧 > 会員一覧 > 第2分科 > 会員個人情報

会員個人情報

氏名 河本一郎 (かわもと いちろう) 河本一郎
所属部・分科 第1部第2分科
選定年月日 平成7年12月12日
専攻学科目 商法・証券取引法
現職等
  • 神戸大学名誉教授
受賞等 国内
  • 勲二等瑞宝章 (平成8年)
海外
外国アカデミー会員等
主要な学術上の業績

河本一郎氏は、商法及び証券取引法の分野において、学問の発展に顕著な貢献をしてきました。同氏の研究は、企業や取引の実態に即して機能論的に法制度を探求するとともに、先端的な問題に積極的に取り組むことに特色があります。主要著書『現代会社法(新訂第九版)』(平成16年)等の業績は緻密で説得的であり、会社法、手形法、小切手法、有価証券振替決裁制度と証券取引法のそれぞれの分野において、指導的な役割を果たしています。

主要な著書・論文
  • 著 書
    1. 『約束手形法入門』(昭和35年 有斐閣)
    2. 『有価証券振替決済制度の研究』(昭和44年 有斐閣)
    3. 『注釈手形法・小切手法(大隅健一郎氏と共著)』(昭和52年 有斐閣)
    4. 『証券取引法(鈴木竹雄氏と共著)新版』(昭和59年 有斐閣)
    5. 『有価証券法研究』(平成12年 成文堂)
    6. 『現代会社法 新訂第9版』(平成16年 商事法務)
    7. 『鑑定意見会社法・証券取引法(今井宏氏と共著)』(平成17年 商事法務)
    8. 『会社法・鑑定と実務(今井宏氏と共著)』(平成17年 商事法務)
    9. 『証券取引法読本(大武泰南氏と共著)第7版』(平成18年 有斐閣)
    10. 『日本の会社法(岸田雅雄氏 他2名と共著)』(平成19年 商事法務)
    11. 『株券の法理』(平成25年 成文堂)
    12. 『新・日本の会社法』(川口恭弘氏と共著)(平成27年 商事法務)
    13. 『新・金融商品取引法読本』(大武泰南・川口恭弘氏と共著)(平成26年 有斐閣)
リンク

↑ページの先頭へ